建材の防音・遮音材|建材とは

 
振動音や消音・透過損失を考えた、遮音対策や防音対策に効果的な遮音素材の事です。
騒音を透過させにくい材料のことを言います。例えばゴムや鉄板などが知られています。
基本的に重量の大きい材料が有効です。

一般の我々には、「遮音」「吸音」耳慣れしていない言葉ですよね。
防音の工事はこの遮音と吸音を繰り返す作業なんです。
「遮音」とは外に音を通さない。遮断する。簡単に言うと音を跳ね返すことです。 音源が部屋の中にある場合は壁やドア、天井で跳ね返します。
「じゃあ、防音対策はこれだけでいいじゃん!」 そんなことはありません。
遮音はコンクリートや鉛、石膏など面密度が高い(簡単にいえば、重い) ものほど効果があります。 例えば、壁にボールをぶつけても、ゴムでできた壁よりも コンクリートの壁のほうが勢いよく返ってきますよね。
ですが、完全に音を遮断することは現実的に不可能です。 原理的には可能ですが家自体がそれだけの遮音材の重さに耐えられません。
さらに、遮音は音を跳ね返しますが、完全に音を跳ね返したら、 山びこのように部屋全体が反響することになります。 オーディオルームを作る場合などはとんでもないことになってしまいます。 そのため、吸音をしなければならないのです。
通常の防音工事は 遮音材の他にグラスウール・ロックウールなどの吸音材を使います。 これはフアフアのスポンジのようなもので 音をその中に通して、音のエネルギーを熱エネルギーに変えます。 吸音材は遮音材とは反対に柔らかい材質で中に空気がいっぱい入っています。 簡単に原理を説明すると、音がその中に侵入すると中の空気が振動し、 材質が揺れ摩擦熱が起き、音のエネルギーは熱エネルギーに変わるのです。
でも、残念ながら吸音材は音はあまり跳ね返しません。 スカスカ(面密度が低い)ですから。 音は吸収しますが、吸収しきれなかった分は音が抜けてしまいます。 ですから、吸音だけでもダメです。
また、こうした遮音材、吸音材といった材料の厚さも重要です。 例えば、同じ遮音材でも厚さが厚いほうが当然、効果は高くなります。
ですが、当然、厚さを厚くすればするほど、部屋が狭くなることになります。 部屋が極端に狭くなったら圧迫感もでてきてしまいます。 ですので、その辺も考えて、防音のレベルを考えたほうがいいのです。
※少し割高ですが鉛シートという薄いけれども重く、遮音性能の高い遮音材もあります。ただし、鉛は人体に悪影響を与える可能性があり、施工性も悪いということで使わない業者さんも多いです。
ここまでの話で大まかには感じていただけたと思いますが 防音には遮音と吸音の両方が必要なのです。 特に、オーディオルームなどでは、この二つのバランスが大切です。 遮音をやりすぎても音が反響して仕方がない、 逆に吸音をやりすぎてもエコーがかからず、音に厚みがなくなってしまうのです。
最近では通販で様々な防音グッズが売っていますが このバランスを考えないとあまり意味がありません。 もし、防音グッズを考えているなら、あまり過剰な期待をしないほうがいいです。 あくまで少しだけ防音になるぐらいの気持ちでいて下さいね。