建材とは

当サイトでは、賃貸における必要最低限の知識として、『建材』についてのコンテンツを提供しています。
『建材とは』の情報を当サイトから、しっかり学んで下さい!
建材とは、建築物を建てるために使用されるあらゆる材料のことを指します。

住宅や事務所、公共の建物など、あらゆる建築物を建てるときに用いられる多様な材料の全体が含まれ、建築材料とも呼ばれます。

建築物としての基本的な形状を構成する為の材料のみを指しており、クーラーのような付加的サービスを提供する機械設備などは含まれないことが一般的です。電気配線や水道・ガスの配管類、空調ダクトなどは除外されて語られることがあるが、遮光設備や免振設備、防音設備といった建築物に最初から組み込まれる特徴的な仕組みを備えた部位の構成材料が建築材料に含まれるなど、対象範囲には揺らぎがあります。
住まいの設備機器や建材の種類やアイテムは数多く、それぞれメーカーや商品のバリエーションは豊富に揃っています。キッチンやバス、トイレといった水まわりはもとより、窓や玄関ドアなどの開口部、屋根材や外壁材などの外まわり、その他、内装材や収納、照明、セキュリティまで、その数は驚くほど多いものです。

これらの中には、施主が主導で決めるアイテム、設計者やハウスメーカーから提案されるものなど、さまざま。ハウスメーカーなどの企画商品であれば、標準仕様やオプションという形である程度絞り込まれている場合もあるでしょう。しかし、いずれにしても、最終的に施主がひとつひとつ、決定しなくてはならないわけですから、詳細まではわからなくても、それらの概略は知っておかなければなりません。

とはいえ、すべてのアイテムの細かい部分までパワーをかけると、正直疲れてしまうことも。「わが家の場合のこだわり」を明確にして、とことんこだわるアイテム、設計者やインテリアコーディネーターにある程度の提案してもらうアイテムなど、優先順位をつける方がいいでしょう。また、夫婦で担当を決め、たとえば、屋根や外壁はご主人が、キッチンやバスルームは奥様が、というように分担するという方法もあると思います。